めまいと頚椎の関係

貝塚市永吉在住 50代女性 専業主婦

症状:上を向いた時に生じるめまい 肩こり 背中の張り 右手指の痺れ

脳外科で『椎骨脳底動脈循環不全症』と診断され、薬を処方されたものの改善されず整形外科を受診。

『変形性頚椎症』及び『頚椎症性神経根症』と診断され、同様に薬を処方され改善されず当院へ来院。

頚椎の可動域確認

これ以上頚椎を後ろにすることができず、めまいと首の痛み及び手指の痺れを生じるとのこと。

骨盤周辺の歪み確認

左右の足先の位置が異なるため、骨盤のズレを生じています。

施術後の頚椎可動域確認

『久しぶりに天井の景色が見えるようになった』とおっしゃられました。ですが、あくまで施術後の一時的な変化のため、次回来院時確認して可動域が広がっていれば改善されてきていることが確認できます。

骨盤の歪み確認

やや左右差は残るものの、ある程度改善される方向へ向かっていれば施術終了。

『これ以上悪化すると手術しかない』と医師から言われて怖くなって来院されましたが、まずは症状を今よりも緩和させることに注力し、不調の出にくいカラダ作りを目指して取り組みましょう。