骨折の後遺症と腰痛の関係

泉佐野市下瓦屋在住 50代女性 自営業

症状:仰向けから起き上がろうとする際に激痛が走る腰痛 ドケルバン病 手根管症候群

ドケルバン病は当院へ来院する直前に手術、その後娘さんのご紹介で来院

徒手検査

右足首と右股関節に硬さの左右差があり、過去に骨折歴があるとのこと。

どうやら過去の骨折の後遺症で足首と股関節が硬くなったことによって腰痛が引き起こされているようでした。

4回目施術開始前の足首

足首や股関節は直接触りませんが、骨盤から背骨の調整を加えることで足首や股関節の硬さも解消されます。結果腰にかかる負担が減り、起き上がり時の腰の激痛はほぼ消失。

ですが、ドケルバン病や手根管症候群を起こしているため、手の使い方が良くないようです。手の使い方が良くないということは、肩や背中などあらゆる体の使い方が良くないということです。

しっかりと根本改善お手伝いいたします。