骨盤のズレと腰椎過度前彎

貝塚市西町在住 50代女性 パート

症状:慢性腰痛

30年以上腰痛に悩まされ続けており、一年に何度かぎっくり腰を患うため、予防を兼ねて定期的に通院されています。仕事柄長時間の立ち仕事のため、骨盤がズレ始め、腰椎の前彎がきつくなり、そのまま放置しておくとやがてひどい腰痛になるとのこと。

仰臥位での検査

上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)という、骨盤前面のちょうどベルトラインのあたりの最も出っ張った骨の位置が左右で大きくズレており、また腰椎過度前彎のため、仰臥位で寝ている状態ですでに腰に痛みが走る状態。

施術後の状態

左右差が解消されると、腰椎の過度前彎も解消されています。ですが、仕事柄どうしても腰に負担がかかるため、ひどい痛みにならないよう、定期的にメンテナンスに通院されています。

施術のみでは解消されない腰痛のため、ご自身で取り組めるエクササイズはアドバイスしていますが、なかなか取り組んでもらえそうにないため、今後の課題は『指導したエクササイズを積極的に取り組む』ということです。施術はあくまで治るきっかけ作りにしか過ぎません。ご自身でも『治していきたい』という積極性がなければ解消される腰痛も解消されません。指導・アドバイスには素直に取り組んでもらえると有難いです。