横向きで寝ることと五十肩の関係

泉佐野市羽倉崎在住 60代女性 主婦

症状:肩こり

右肩を下にして横向きで寝る癖があり、最近肩こりが辛くて、上腕部に鈍痛があるとのこと。

 

仰臥位での確認

右肩が左に比べて上に上がっています。いわゆる巻き肩の状態。この状態を放置しておくと、肩こりだけでなく、五十肩などの肩のトラブルになりかねません。右肩を下にして寝る癖があると、肩が自重で自然と巻いてしまいます。同一方向ばかりに偏る癖があるときは、右側にクッションを置いたりすることで右側に寝返りを打てないようにすることもひとつです。

ちなみに、四十肩・五十肩とよく言われますが、一般的に40代~50代の年齢になると、加齢に伴い肩関節の痛みを伴うため、このような呼び方をしますが、40代だから四十肩で50代だから五十肩という訳ではありません。どちらも正式には『肩関節周囲炎』と総称して言われています。

また、腱板炎・インピンジメント症候群・上腕二頭筋長頭腱炎などをはじめ、野球肩なども併せて肩関節周囲炎と言われます。

五十肩などの肩の痛みになるまでには、肩こりなど軽度の症状を放置し続けた結果、生じることが多いため痛みや不調を解消するにはそれ相当の時間がかかります。ちょっとしたコリや違和感であっても早めに対処されることをお勧めします。