カイロプラクティックとは?

貝塚市麻生中在住 50代 男性 自営業

症状:腰痛 坐骨神経痛 股関節痛 肩こり

慢性的な腰痛から急に坐骨神経痛を患い、体のあちこちに不調が出てきたため来院。

貝塚市 カイロプラクティック』と検索したところ、当院のホームページにたどり着いたそうです。

頚椎の可動域検査

座位にて頚椎の可動域を検査してみると、可動制限が見られました。頚椎に可動制限があるということは、当然その下にある胸椎・腰椎・仙椎まで至るところで歪みを生じていたり、可動制限があります。

腰が痛いから腰をマッサージ、肩がこるから肩に針灸、股関節が痛いから股関節に電気治療、坐骨神経痛があるから坐骨部にシップ・・・など、痛みや不調が出ているところだけを施術しても、原因となっているところが他に問題があれば痛みや不調は解消されてきません。

カイロプラクティックとは?

昨日のテレビでも放送されていたカイロプラクティック。

カイロとは『手』のこと。そしてプラクティックとは『技』のこと。つまり手技療法のことで、アメリカが発祥ですが、アメリカでは医師と同等の国家資格となります。

日本では国家資格ではなく、あくまで民間資格となりますが、よく誤解されるのが、『カイロプラクティック』=『ボキボキと鳴らすこと』というもの。

ボキボキと鳴らすことはカイロプラクティックのテクニックの一つで、『ディバーシファイド』と言われたりします。ですが、ボキボキと鳴らすことだけがカイロプラクティックという訳ではありません。

頚椎など骨の動きが悪いからと骨をボキボキと鳴らす行為は、頚椎を痛めるだけでなく、頚椎の側面を通っている椎骨動脈を傷つける恐れがあり、一歩間違えると危険行為につながります。

当院でもカイロプラクティックで使われるテクニックを施術に取り入れていますが、決してボキボキ鳴らしたり、強い力でギュウギュウと揉みほぐしたりというような施術は一切いたしません。