ぎっくり腰になったら

貝塚市新井在住 40代 男性 会社員

症状:着替えをしようとして衣服を取ろうとして身体を捻った際、腰がピキッと音を立てて急に腰痛を発症。

コルセットを着用しながら仕事をしていたものの、だんだんと症状悪化により来院。

立位での確認

まっすぐのラインからお尻が右に傾き、くの字に曲がっている状態。前屈及び座位から立位になろうとすると痛みがあり、可動制限はあるものの安静時痛はないとのこと。

いわゆるぎっくり腰。正式には急性腰痛症や腰椎捻挫などと言った呼び方となりますが、多いのは背骨の土台となる仙骨と腸骨の間の関節である仙腸関節にズレを生じているケースです。

ぎっくり腰は重い荷物を持ち上げる際に起こるだけでなく、くしゃみや咳をした時やちょっと屈んだ時など何気ない動作でも起こる場合があります。ですが、急な痛みを生じるまでに体のあらゆる場所で歪みが生じており、その結果としてその歪みに体が耐え切れなくなり発症します。ですのでぎっくり腰を繰り返している場合は日頃からぎっくり腰にならないような体づくりを心がけることが大切です。