画像診断と異なる症状

泉佐野市下瓦屋在住 50代 女性 看護師

症状:腰下肢痛 慢性的な肩こり 過去に五十肩既往歴あり

同じ職場の方が坐骨神経痛で来院されており、ご紹介により来院されました。慢性的な腰痛はあったものの、急な腰痛と下肢痛に襲われ、整形外科を受診したところ『腰椎と仙骨の間が狭くなっていることが原因』と診断され、痛み止めを処方され飲み続けてみたものの、痛みが解消されないため当院へ来院されました。

徒手検査

徒手検査によって確認すると、

頚椎の可動制限、左肩関節の可動制限、左股関節の可動制限などがあり、背骨と骨盤が本来の解剖学的な正しい姿勢から逸脱し、体全体のバランスが保てなくなっている状態。

SLRテスト陰性、WLRテスト陰性、ダブルレッグレイズテスト陰性、腰椎過伸展テスト陰性のため、腰椎の根元での障害や腰仙関節のトラブルはなさそうでした。もし腰椎と仙骨の間が狭くなることで神経の通りを阻害されている状態であれば、上記のようなテストが陽性反応を示します。

ヒブテスト陽性のため、仙骨を圧迫したものの特に痛みなし。どうやら仙腸関節にも問題がなさそうでした。

そのまま仰臥位で股関節内旋時に症状増悪し、痛みと痺れが臀部から大腿部外側に現れており、どうやら上臀神経が圧迫されることで神経痛症状が現れているようでした。

股関節は骨盤の一部です。この股関節に左右差があると、体全体のバランスを保つことができず、その結果腰痛だけでなく、肩こりや五十肩などの症状にもつながります。

僧帽筋の左右差

僧帽筋の硬さに左右差があり、肩こりもひどい状態。

ですが、当院では肩こりがあるから肩を揉む、腰が痛いから腰に電気療法、坐骨神経痛があるから坐骨部分に鍼灸などというような症状がある部分だけを診るという施術はしていません。

人間の体は全体でバランスを取って日々生活をしています。ですので、体全体のバランスを取り戻す施術をご提供しております。

今回はご紹介者様もひどい坐骨神経痛で仰臥位になることができない状態でしたが、今では元気に職場を走り回っているとのことで、信頼できる方からのご紹介だったため、きちんと通院してもらえたらきっと同様に痛みも解消されてくることでしょう。