運転が辛い坐骨神経痛

貝塚市名越在住 40代 女性 専業主婦

症状:冬に急にぎっくり腰になり、腰痛が解消されてきた後、急に坐骨神経痛に襲われ自動車の運転が15分もできないくらい辛いとのこと。

徒手検査

右股関節運動時痛あり、SLRテスト陰性、安静時痛はないもののずっと座っていることが辛くなってくる状態

坐骨神経痛が出ている側の足が基本的にこのように足首が内側に捻れていることが多いです。そのため、股関節・膝関節・足関節の位置のバランスを整えることが必要となります。

坐骨神経痛はひとつの症状であり、様々な疾患で生じることがあります。

腰椎椎間板ヘルニア 腰部脊柱管狭窄症 梨状筋症候群などなど・・・

ですが、症状が現れるまでにあらゆる体の部位で『歪み』が出てきているため、やがてその歪みが引き金となって座骨神経痛が現れてくるのです。

早期改善は症状を長引かせないための秘訣です。不安がある方は早期に対処しましょう。