重度の椎間板ヘルニア

貝塚市半田在住 30代 女性 主婦

症状:10年以上辛い腰痛を我慢し続け、あるときから急に下肢の痛みと痺れを生じてきたため、整形外科で診てもらったところ、『腰椎椎間板ヘルニア』と診断されたとのこと。整形外科では痛み止めの注射とシップ、痛み止めの薬を処方されていたものの、痛みが解消されず当院へ来院されました。

徒手検査

立位での前屈・後屈・回旋・側屈などの運動時痛あり。腹臥位での膝屈曲時痛あり。仰臥位での股関節屈曲時痛あり。パトリック検査陽性、SLRテスト陽性、ケンプテスト陽性、WLRテスト陽性などなど・・・。ご本人様が呆れるくらいに検査項目が陽性反応を示し、痛みと痺れでかなり辛いご様子。

重度のヘルニア症状があると、必ずと言って良いほど下肢の左右差を生じます。不調を放置し続けてきたため、歪んだ状態が当たり前のように体にインプットされてしまっています。歪みのない状態をインプットしなおすためにはそれ相当の時間を要します。ですので不調を放置せずに少しでも違和感などを感じたら早めに対処するほうが長い目で見ると後々後悔することが少ないかと思います。