足関節捻挫と腰痛

貝塚市三ツ松在住 70代 男性 無職

症状:足関節を捻挫し、近所の整骨院へ通院しており、足首の痛みは解消されてきたが、痛みをかばって歩いているうちに腰痛が出てきたため腰も診てもらっていたがなかなか痛みが解消されないため当院へ来院。

肩関節の可動域検査

肩こりなどの症状は訴えていなかったものの、腰痛があるとこのように肩関節の可動範囲も減少してしまう場合があります。

足関節の検査

右足首を捻挫されたため、かばって左足首に硬さが出ている状態。

施術開始

肩の可動域が制限されているからと言っても肩関節を直接触ることはしません。足首が硬くなっているからと言っても足首を直接触る訳ではありません。背骨や骨盤の歪みを整えることで体全体のバランスが整ってくると自然と可動域も解消されます。

歪みが解消されて施術終了。歪んだ状態で生活し続けることでやがて不調が現れます。ですので次回来院時に検査確認してみて体の歪みが解消されていれば良いですが、悪いところは引き続き繰り返して歪みを整えていくとやがて不調も解消されてくることでしょう。