足底筋膜炎による骨棘

岸和田市畑町在住 50代 女性 会社員

症状:足底がある時から痛くなってきて、整形外科で診てもらったところ『足底筋膜炎』と診断され、なかなか痛みが解消されず、医大病院などでも診てもらったもののなかなか痛みが引かず、『骨棘が出来ている』と言われ、痛みをかばっているうちに段々と肩こりや腰痛まで辛くなってきて大阪市内の足底筋膜炎治療専門の整骨院へ通院したものの良くならず、吹田市や高槻市などの足底筋膜炎専門治療院を転々としても良くならず当院へ来院。

徒手検査

足底筋膜炎を引き起こす方は、重心の位置がズレているためふくらはぎの筋肉に異常な緊張が見られるのが特徴。ふくらはぎの筋肉と足底の筋肉は連動して動くため、足底の痛みを解消するためにはふくらはぎの痛みを解消すると意外と解消されることが多いです。

施術開始

当院の施術は痛みのある場所を直接触る場合もありますし、触らない場合もあります。本来足底やふくらはぎの筋肉を動かしたり痛みを感じたりする神経は腰から出ています。そのため腰椎や骨盤の位置が正しく矯正されてくるとやがて神経が正しく働いてくるためふくらはぎや足底の痛い場所を直接触らなくても痛みが解消されてくることがあります。

骨棘は?

一度変形してしまった骨はどうしようもありません。そのまま骨棘として残った状態となるでしょう。ですが痛みをかばった歩き方をしていた結果、骨が変形してきて棘となっているため、痛みが解消されているため棘が神経に触らなければ日常生活には支障なく過ごすことができることでしょう