五十肩と坐骨神経痛

貝塚市堀在住 50代 女性 会社員

症状:五十肩と坐骨神経痛

ともに左側に症状があり、来院当初は仰向けから起き上がることができないほどの痛みでしたが、今は痛みなく起き上がることができる状態。肩関節も腕を上に上げようとした際に痛みと可動制限が見られたものの、可動域は右肩と変わらない状態。

歪みチェック

右肩が下がっており、体全体のバランスが崩れている状態。このまま放置し続けると、やがて以前のように坐骨神経痛による痛みに襲われ、起き上がることもできなくなるため、今は定期的メンテナンスで通って頂いています。

歪みがあればやがて痛みにつながります。痛みには誰しも気づきますが、歪みにはなかなか気づけないものです。交通事故などの衝撃や格闘技などのスポーツで痛めた症状でないものは、体の歪みが蓄積された結果として症状が現れるため、その症状を解消するためには歪みを解消し、調整された体をいかに保ち続けるかが大切です。

痛みが解消されるまでに3ヶ月ほどかかりましたが、今ではちょっとした肩こり 腰痛程度のため、『これだけ良くなるんだったらもっと早く通っていれば良かった』とおっしゃられました。

まずは治療、そして症状が落ち着いたら悪くならないようメンテナンスで通院されることをお勧めします。