腰を反らせた時に急に腰痛

貝塚市中町在住 50代 男性 会社員

症状:仕事柄慢性的な腰痛を持っており、たまたま先日仕事の休憩中に腰を反らせた際、急に腰が痛くなり来院。

検査

立位での前屈時痛があり、それ以外の動きは大丈夫とのこと。伏臥位で腰椎と仙椎の間に圧痛があり、仰臥位で股関節屈曲時及び腰を反らせると痛みがあるとのこと。

また、座位バンザイしてもらうと肩関節の可動範囲に制限が見られ、腰痛もあるとのこと。

施術開始

立位での前屈時痛は仙骨の調整が重要となります。仙骨はちょうど人間の重心の位置にあるため、この位置がズレると体全体のバランスが崩れ、やがて痛みにつながります。たまたま腰痛となって症状が現れていますが、体の弱い部分から症状が現れます。

施術後確認

バンザイした時の腰痛も解消し、前屈時の腰痛も解消しました。ですがそれはあくまで一時的変化に過ぎません。

今までずっと慢性的な腰痛に悩まされてきていたため、体の歪みはかなり進行している状態です。2回目来院時には痛みは半分ほどに減っているとのこと。当面の痛みはあと数回の施術で解消されることでしょうが、当院では痛みが出にくい体作りに取り組んでもらうことをお勧めしています。