頸腕症候群と股関節の硬さの関係

泉南郡熊取町在住 60代 男性 会社員

症状:頸こり 肩こり 腕のシビレ 肘の痛みなど頸から上肢にかけて痛みや痺れを伴う症状があり、整形外科で頸腕症候群と診断されているとのこと。また慢性的な腰痛もあり、同じ職場の方からのご紹介で来院されました。

股関節の左右差

足先の傾きに左右差を生じています。これは股関節・膝関節・足関節いずれかに問題がありますが、どうやら股関節の硬さの左右差があるため、骨盤がズレてしまい、背骨を支えることができなくなった結果、頭を支えることができなくなり頸腕症候群や慢性的な腰痛症となっているようでした。

施術後確認

股関節の硬さの左右差も解消され、施術終了。頸コリ 肩こりは以前より随分楽になった状態で保つことができていることと、上肢の痛みや痺れはほぼ解消されている状態のため、今では定期的メンテナンスのために通院されています。『まずは治療そして予防』これが当院のモットーとするところです。