股関節痛で眠れない

貝塚市三ツ松在住 50代 女性 会社員

症状:学生時代に右股関節と膝の痛みが辛く、膝関節の手術を過去に経験されており、今回は急に左股関節が痛くなり、夜も眠れなくなり藁をもすがる思いで来院されました。

検査

立位での腰部後屈不可 伏臥位での左股関節外旋時痛があるため、当然仰臥位でのパトリック検査陽性 肩関節の可動制限なども見られるものの、股関節痛が痛すぎて肩関節や頸などは気にする余裕がないとのこと。

座位での体の傾きも痛みが相当激しく出ているため、それに応じて歪みも現れます。

さらに仰臥で両膝を曲げて立ててもらうと、左右の膝の高さに差を生じているようでした。

施術開始

痛みがかなりあるため、慎重に施術を進めました。施術後確認してみると、

ある程度まっすぐに座れるようになって施術終了。

2回目来院時確認してみると、夜間痛はあるものの、日常生活での股関節痛はかなり軽減されたとのこと。

ですが、あくまで一時的なものに過ぎません。夜間痛がまだ残っているため、引き続き油断はできないことと、一時的に良くなってもそれを維持し続けることができなければ意味がありません。

過去に膝の手術をしているため、もう二度と股関節など手術はしたくないとおっしゃっていたため、体のバランスを整えて痛みの出にくい体づくりを心がけましょう。