腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛

貝塚市二色在住 20代 女性 会社員

症状:学生時代にぎっくり腰を経験し、整形外科で『腰椎椎間板ヘルニア』と診断されてから慢性的な腰痛でずっと悩まされてきたとのこと。仕事中にぎっくり腰になり動けないほどの痛みで当院に来院。

徒手検査

SLRテスト WLRテスト バチェットルーテスト ケンプテスト等ヘルニア時に生じる検査が全て陰性のため、過去の整形外科でのヘルニアという診断は気にしなくても良さそうな状態。

とは言うものの、股関節の屈曲時などの運動時痛はあるため、また股関節の硬さに左右差を生じている状態。

腰部から下肢にかけて何らかのトラブルがあると、このように下肢の傾きに左右差を生じることが多いです。

また腰痛股関節痛などの症状がなくても、下肢の傾きに左右差があると骨盤に歪みを来たしているため、早期に解消しておくほうが後々慢性的な腰痛などに悩まされずに済みます。

症状が現れてから対処するのも一つですが、症状が現れる前に予防のために対処することも大切です。