左坐骨神経痛

貝塚市南町在住 50代 男性 会社員

症状:何年も前から左坐骨神経痛に悩まされており、以前は関東方面でお勤めだったため横浜で有名な整体師の先生に定期的に診てもらっていたとのこと。

徒手検査

坐骨神経痛などの下肢に生じている症状があっても必ず上肢の検査も行います。左坐骨神経痛を生じている場合、左肩関節の可動制限が見られる場合もあるからです。

また、下肢症状を生じているため、左右差も当然見られます。

左股関節が外旋位に位置異常を起こしている状態。また左肩関節屈曲及び外転時痛と可動制限が見られる状態。

施術後確認

左右の股関節を調整して終了。暖かい季節になると坐骨神経痛はそれほど気にならないそうですが、冬場になると症状が悪化することが多いとのこと。今から冬に向けて痛みの出にくい体づくりを目指しましょう。