坐骨神経痛と体の歪み

泉佐野市在住 50代 女性 会社員

症状:坐骨神経痛による下肢痺れ及び腰痛があり、自宅近くの整骨院へ通っていたものの、電気治療と温熱とローラーベッドとマッサージ治療で痛みがなかなか解消されないため、同じ職場の方のご紹介で来院。

歪み検査

後ろから見た時に、頭のてっぺん・後頭部・背骨・殿裂がまっすぐになっていればOKですが、くの字に曲がっています。

頭側から見てもかなり傾いている状態。ですがこれでご自身ではまっすぐに寝ているつもりです。痛みや不調がある場所はご自身でも把握できますが、歪みは把握できないものです。逆に施術する立場からすると、痛みや不調は分かりませんが、歪みは見れば分かります。

患者サイドからすると『不調』があれば『異常』と見なし、『不調』がなければ『正常』と判断するのが普通です。ですが、施術者サイドからすると『歪み』があれば『異常』と見なし、『歪み』がなければ『正常』と判断するため、ここでギャップが生じるのです。

ですが今まで診てきた中で、『歪み』がないにも関わらず『異常』を訴える方には出会ったことがありません。ということは、歪みを解消することが症状を解消するためには必要ということです。