慢性的な肩こりと腰痛

先日あった男性からのお電話でのお問い合わせについてお話します。

『慢性的な肩こりと腰痛で全身がだるいけど、健康保険を使って安く受けることはできますか?』とのこと。

整骨院・接骨院で健康保険の取り扱いによって診ることができるのは骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)による急なケガによる処置のみとされています。慢性疾患に対して健康保険を使った施術を受けることはできません。

もしそのことを知っていて『ケガしたことにして』受けることは許されませんし、また、慢性的な肩こりや腰痛に対して何の説明もなく健康保険を取り扱った施術を提供することも許されません。

そもそも整骨院・接骨院ができた背景には、戦後の整形外科不足が深刻なために上記の急性疾患に対してのみ健康保険を使った施術を受けることができるということがあります。ですが、整形外科は今ではたくさんあるため、整骨院・接骨院で扱うことができる保険といえば、労災保険・自賠責保険くらいなもので、ほとんど健康保険扱いとなるような外傷性のケガの方の来院はありません。当院に来院される方の大半も慢性疾患です。

ですので整骨院・接骨院で健康保険を使った施術をご希望の方には『ケガですか?』と質問するようにしています。そうするとほぼ『いいえケガではありません』となるため、結局保険で安く済ませるという安易な発想の方の来院はそもそも当院では受けることができませんのでご理解下さい。