腱鞘炎と五十肩

岸和田市在住 60代 男性 会社経営者

症状:左3指腱鞘炎 左右五十肩による痛みのため、握る動作や肩の動作に支障を感じており、近所の整形外科や整骨院を何軒かハシゴしたものの、なかなか良くならず当院へ来院。

体の歪み検査

当院では痛みや不調を生じている部位だけを診るという診方はしていません。痛みや不調はあくまで結果であり、原因となっているところは他にもあるからです。体全体のバランスや左右差など細かく検査して確認しています。

診てみると・・・

伏臥位で左肩甲骨が上がっている状態。座位での検査では、両肩の可動制限、手関節の可動制限が見られました。

また左股関節の硬さがあり、体全体がバランスを崩し、背骨から骨盤に大きなズレを生じているようでした。

施術開始

痛くて動きが悪くなっている筋肉は緊張が強いため、無理に緊張した筋肉を動かそうとしても綱引き状態となり、逆効果です。施術は痛みや違和感を伴わないようにすることが大切です。

施術後確認してみると・・・

肩甲骨の位置もバランスが整い、肩関節や手関節の可動域もアップして終了。施術後は一時的に変化するため、何らかの体の反応は実感してもらえることでしょうが、あくまで一時的変化。良い状態が定着してはじめて治癒・改善する方向へ向かうのです。初回の施術を余程気に入って頂けたのか、『きちんと言われた通りに通います』とのこと。とても有難いお言葉です。ですが、これは結構重要なことです。今までは『また痛かったら来て下さい』という指導を受けていたそうですが、痛くなってから通っていては治るものも治りません。

自分のペースで通うことも選択肢のひとつですが、指導を守らない方と指導通り通院される方の改善スピードは全然違います。自分のペースで通われる方は結局は『どこへ通っても良くならない』とおっしゃる方ばかりです。

五十肩でどこへ通っても良くならない方、腱鞘炎でどこへ通っても良くならない方は一度本腰入れて当院で施術を受けてみてはいかがでしょうか?他院と違うことを実感して頂けることでしょう。

ですので、初回である程度目安を指導するため、きちんと通う方だけが良くなるようにできているのが当院の施術の特徴でもあります。