ぎっくり腰の対処法

貝塚市の中央商店街内にあるスッキリ整骨院です。

今日はぎっくり腰の対処法についてお話しますね。
ぎっくり腰は急性腰痛症のこと。
重い荷物を持ち上げたり、何気ない動作例えばくしゃみをしたり、靴下を履こうとしたりして屈んだりしてもなる場合があります。

ぎっくり腰の原因はズバリ、「ストレス」が大きく関係します。
ストレスを溜めすぎると、身体が悲鳴を上げて「動くな!!休めなさい!!」
という指令を脳から発信していると思って下さい。

ですが、休めないのが現代人。
そこでなんとかしてぎっくり腰を解消しようとして、体操をしてみたりしても余計に痛みで動くことが辛くなったりすることがありますよね。

病院へ行って注射・湿布・ロキソニンなどのをもらってなんとか凌ぐ方もいらっしゃいます。
そしてコルセットを巻いて痛いのを我慢しながら仕事へ向かう。
治りきらないうちに無理をするから何度も繰り返すようになり、ぎっくり腰になるたびに
「ズキズキ疼くから冷やす方がいいのかな?それとも温めるほうがいいのかな?」
とその度に頭悩まされる。

くり返しのぎっくり腰は当院ではかなりの確率で予防効果が上がっています。
まずは治療も大切ですが、もっと大切なのは予防することです。