変形性膝関節症の痛み

貝塚市の中央商店街内にあるスッキリ整骨院です。

本日は泉佐野市からお越しの方についてお話しますね。

『数ヶ月前から膝がだんだんと辛くなってきて、膝の痛みをかばっているうちにだんだんまで痛くなってきた』
とのこと。
足の左右差を見てみると、明らかに股関節から置いている角度が異なります。

整形外科で診てもらうと、『変形性膝関節症』という病名をつけられ、サポーター湿布を渡されたとのこと。

膝が痛くなるきっかけは、ランニングなどの運動が多いです。
また、膝の痛み予防のために筋トレをして逆に痛めることもよくありがち。

膝の痛みは内側に出ることが多く、変形性膝関節症のほか、
半月板損傷・十字靭帯損傷などの軟骨や靭帯を痛めることが多いです。

当院では痛みが辛い時にはスポーツテーピングを施すことがあります。
テーピングは被れることもあるため、お肌の弱い方は施さない場合もあります。

また膝の痛みに関連するツボを刺激して反射を利用して施術する場合もあります。
痛みが進行して変形すると大変です。
痛みがあれば少しでも早めに対処することが大切です。