五十肩の再発!?

貝塚市の中央商店街内にあるスッキリ整骨院です。

本日は岸和田市からお越しの方についてお話しますね。
『以前痛くなった五十肩が最近また痛くなってきた』
とのこと。
当院に初めて来院された時は右肩が上がらず、半年以上整骨院で電気治療とマッサージをしてもらっていたものの、解消の兆しがなかったため、ご紹介で当院に来院されました。

五十肩は肩関節周囲炎の一部で、五十代の年齢に多いことからそう言われていますが、四〇代の方も発症するため、四十肩などとも言われます。
原因の一つに骨盤の歪みが挙げられます。
実際に五十肩の痛みで来院された方の症状を肩そのものを施術することなく痛みなく挙げられるようになってる方は当院では多数いらっしゃいます。

通常、五十肩で痛みがあると真っ先に病院レントゲンを撮ってもらい、注射をしてもらい湿布を処方されるというケースが多いかと思います。
そしてリハビリで痛い肩をグリグリと動かして余計に痛みが出るというようなツボ押しをしてもらったりして余計に痛くなることも・・・。

五十肩の症状には主に①夜間痛を伴う肩関節周辺の痛み ②結髪制限の見られる可動制限が挙げられます。

当院では五十肩の施術には骨盤からアプローチしていきます。
極端な例の場合、痛みを生じている肩関節そのものを全く触ることなく可動域を取り戻されるケースも多々あります。