むちうちの種類と症状

むちうちの種類と症状

むちうちの種類には大きく分けて4つに分類され、またそれぞれによって症状も異なります。

①頚椎捻挫型

むちうちの約8割を占め、首や肩の筋肉や脊椎の関節捻挫による痛みや運動時痛が見られ、『寝違え』の症状に似ているのが特徴です。

知覚異常、頭重感、頭痛、上肢の疲労脱力感などが現れることがあります。

 

②頸部交感神経症候群(バレ・リーウー型)

頚椎の損傷に際し、頸部の交感神経および椎骨動脈が障害されて起こるもの。検査での異常は出ないことが多く、後頭部痛、めまい、耳鳴り、視力障害、知覚異常、上肢のしびれなど不定愁訴を訴えることが多いです。

 

③神経根型

神経根の圧迫によって、頭部から上肢にかけて神経症状を呈し、咳やくしゃみなどによって頚椎が過度に伸展されたりすると症状が増悪する。知覚異常、深部反射の減弱、筋力低下などが見られる。

 

④脊髄型

頚椎の脱臼骨折を合併した場合や頚椎症・後縦靭帯骨化症を伴う場合には脊髄症状を呈することがある。

症状について詳しくはこちら

むちうち改善

関連記事