顎関節症とは

顎関節症とは

食べ物を噛んだり、口を開閉する際に、咀嚼筋(噛む筋肉)に痛みや違和感を感じる咀嚼筋群の機能障害と、顎関節の痛みやゴリゴリ ポキポキといった雑音を伴う可動制限を総称して顎関節症(がくかんせつしょう)と言います。

顎関節症の原因

顎関節症は精神的ストレス、疲労を蓄積させる生活習慣、噛み合わせの異常などがあげられますが、歯ぎしりや食いしばりによる影響が最も大きいと考えられます。つまり、歯ぎしりや食いしばりのクセがあると、咀嚼筋に疲労が蓄積されると同時に、顎関節にも過剰な負担がかかり、結果的に咀嚼筋や顎関節の痛みを伴う機能障害(口が開かない、硬いものが噛めないなど)に至ると考えられます。

特に20代~40代の女性に多く発生します。