顎関節症に悪い生活習慣

顎関節症に悪い生活習慣

1.歯ぎしり

食いしばり・歯ぎしりは起きている時でも、仕事に集中している時や緊張している時でも生じますが、睡眠中の食いしばり・歯ぎしりは、脳の働きが抑制されて噛む力を調整できないため、かなり大きな力が加わります。

2.不良姿勢

猫背や長時間のデスクワークなどは顎が前方にあり、関節に負担がかかり結果として顎関節症になってしまうことがあります。また、片肘付いて手に顎を乗せていても顎に負担がかかります。

3.噛み癖

歯並びなどや虫歯などの影響により、片方だけで噛む癖があると噛む時に使う筋肉に偏りができてしまい、顎関節症になってしまうことがあります。