むちうちの種類

むちうちの種類

むちうちの種類は大きく分けて3つのタイプに分類されます。

 

  • 頚椎捻挫型
  • 神経根型
  • バレ・リュー型

頚椎捻挫型

交通事故によるむちうちの被害で最も多いタイプで、被害に遭われる方の7~8割がこのタイプのむちうちと言われています。

これは、後方からの追突などによって頚椎や腰椎が衝撃を受け、頸や腰など背骨が圧迫されて靭帯や筋肉・筋膜が異常に伸びてしまったり傷ついて捻挫や挫傷(肉ばなれ)を起こした状態を言います。

 

神経根型

神経根とは脊髄の知覚神経及び、運動神経が密集している身体の場所のことで、この周辺に炎症が起こったり、神経が引き抜かれたような損傷を加えられた時に傷つけられて痛みを生じるタイプ。

このタイプの厄介なのは、神経根が多く密集している所の損傷のため、身体をコントロールする部分なので、傷害が残ると後からその神経根が支配している場所にも影響してしまう所です。
例えば、腕の動きをコントロールしている神経根があるとします。
ある事故で神経根型のむちうちになってしまいました。
そうなった場合、その神経根がある場所に痛みが出て、その痛みが収まっても腕に何らかの障害を残してしまう可能性があるのがこのタイプです。

バレ・リュー型

交通事故のむちうち被害に遭われた後、めまい、耳鳴り、難聴など、耳の感覚の状態が異常を来たしたり、目の疲れがすぐに来るようになったり、頻繁にかすむようになったり視力低下のような症状が起きるようになったり、心臓が痛むなどの身体の至る所に異変が起きたり症状が出てしまったりするタイプ。

 

症状について詳しくはこちら

むちうち改善

関連記事