離断性骨軟骨炎による肘痛

貝塚市の中央商店街内にあるスッキリ整骨院です。

野球選手に多い肘や肩のトラブル。
いわゆる野球肘や野球肩と言われるような症状でお悩みの選手についての症例をお話します。

数年前からボールを投げると肘が痛むようになり、整形外科で「離断性骨軟骨炎」と診断されたとのこと。
近所の整骨院へ一度施術を受けに通ってみたものの、次いつ通院すれば良いか指導がなく、途方に暮れてお友達からのご紹介で当院に来院されました。

野球肘をかばってボールを投げているうちに肩まで痛みが出てきて、サポーターやシップをしたりしてなんとか凌いできたそうですが、検査してみたところ、背中の筋肉いわゆる広背筋に左右差があり、投げるほうへ身体を回転させることはできるものの、振りかぶるほうへ身体を回転させることができていない状態でボールを投げ続けた結果、肘や肩にまで痛みが派生しているようでした。

施術後上がらなかった肩の可動域が解消されていたため、継続すれば痛みは解消されてくるでしょうが、レントゲン上写っている離断した骨はどうしようもないため、今後は予防も兼ねたメンテナンスが必要となってくることでしょう。