腰痛の種類

腰痛の種類

ひとえに腰痛と言っても筋肉に問題があるケース 関節に問題があるケース 神経に問題があるケースなど様々なケースが考えられます。

ここでは腰痛の種類についてご紹介いたします。

筋筋膜性腰痛

スポーツや長時間同じ姿勢によって腰背部筋に負担がかかり、痛みを生じるもの。体を横に倒した時に倒した反対側の腰が痛む場合は筋筋膜性腰痛の可能性が高いです。

椎間関節性腰痛

腰部の椎骨と椎骨の間に捻れの負担がかかって生じる腰痛。例えば体を右に倒した時に、倒した右側の腰が痛む場合は椎間関節性腰痛の可能性が高いです。

腰部椎間板ヘルニア

加齢によるものや、スポーツ・交通事故などによる負荷がきっかけで、椎間板の内側にある髄核が飛び出し、神経根や脊髄を圧迫して起こるもの。症状としては、腰痛をともなう下肢痛や痺れを生じます。

確定診断にはMRI検査が必要です。

骨粗しょう症による圧迫骨折

骨密度が減少し、もろくなって起こります。尻もちをついた際に腰部が前屈した状態で胸椎と腰椎の移行部あたりに圧力が加わり、圧迫骨折することが多いです。骨粗しょう症が進行している場合、くしゃみや咳をしただけでも骨折することがあります。

腰部脊柱管狭窄症

上記の絵は腰椎を上から見たものですが、脊柱管内が狭くなり、神経を圧迫することで起こります。高齢者に多く見られ、症状としては、腰痛に加えて下肢の痛みや痺れを生じます。また歩行時の特徴として、間欠性跛行(

かんけつせいはこう)と言って歩いているとしばらくして痛みと痺れで歩けなくなり、また少し休むと歩けるようになるというのが特徴としてあります。下肢動脈硬化症も間欠性跛行が特徴のため、鑑別が必要となります。

腰椎分離すべり症

激しいスポーツなどで腰椎の一部が断裂したものが、腰椎分離症。腰椎が前方にすべっているものをすべり症。

分離してすべっているものと、分離せずすべっているものがあります。

変形性腰椎症

椎間板内の水分が減少することでクッションとしての役割が低下し、骨と骨の間の隙間が狭くなってきているもの。骨の棘(とげ)がレントゲンで明らかに見えます。これが神経を刺激して痛みや痺れを来たします。

仙腸関節性腰痛

骨盤の真ん中を仙骨と言い、左右の骨盤の骨を腸骨と言います。この仙骨と腸骨の間の関節を仙腸関節と言い、ここで炎症を起こしているもの。うつ伏せで仙骨を上から押さえると痛みを生じることが多く、産後の女性に多いです。

梨状筋症候群

臀部にある梨状筋(りじょうきん)が坐骨神経を圧迫し、腰部から下肢にかけて痛み・痺れを来すもの。