腰痛の原因

腰痛の8割は原因不明

腰痛の8割が原因不明と言われています。腰痛の多くは、『たぶんこの関節の間が狭くなっているから痛いんでしょう』とか『ちょっと椎間板が圧迫されているみたいだから痛いんでしょう』といった曖昧な表現で病院の先生に診断されることが多いかと思います。

『じゃあなんで関節の間が狭くなってるの?』

『じゃあなんで椎間板が圧迫されてるの?』

と医師に質問しようものなら、返ってくる言葉は、ほとんどが

『老化です』

と何でもかんでも腰痛の原因は結局は『加齢が原因』と言われがちです。

 

ですがそれも疑問となりますよね。

『じゃあ年をとれば必ず腰痛になるの?』

ということです。

『加齢が原因』であれば、『老人は腰痛になって当たり前』ということになります。

ですが、当院に来院される方には小学生でも腰痛に悩まされて来院される方もあれば、高齢者でも全然腰痛知らずの方もあります。『加齢』だけでは済まされないこととなります。

腰に異常がないのに腰が痛いのはどうして?

レントゲンやMRIで異常が見つからない腰痛が8割ということは、2割の原因が特定できる腰痛は、原因となる場所だけを治せば腰痛は治るのかと言えばそうとは限りません。

当院に来院される方にも、腰椎の椎間板を全部取り除いたにも関わらず腰痛やヘルニア症状いわゆる下肢の痺れや痛みを伴う方はかなりいらっしゃいます。

椎間板が飛び出ているのが原因であれば、それを解消すれば腰痛も解消されるはず。

ですが、手術によって飛び出ている椎間板を取り除いても解消されないということは、結局椎間板が飛び出ていることも原因ではなく結果だったのではないでしょうか?

 

というのも、当院に来院されている方で『椎間板手術をしたけど痛みが取れない』という方でも、腰痛で悩まされずに済んでいる方は沢山いらっしゃいます。

結局は画像上の異常と症状には何ら関連はないと言わざるを得ない状態なのです。

腰痛に対する対症療法

腰痛があれば腰をマッサージ、腰に痛み止めの注射、痛み止めのシップ、飲み薬などなど・・・。症状に対してアプローチするのが一般的ですが、どれもその場しのぎで結局は痛みが解消されないということになりかねません。

 

腰痛の原因は腰にない!?

腰痛があれば腰に問題があると考えるのが普通ですが、これでは結局対症療法にしかすぎず、なかなか腰痛が解消されないのです。

体は頭蓋骨・頚椎・胸椎・腰椎・仙椎・骨盤といった骨格でつながっています。その骨格の一部がスムーズに動かないと当然他の骨格も動きが悪くなり、結果として痛みを伴うようになるのです。