膝の痛みの種類

膝のどこが痛いかによって、痛めている部位が変わってきます。

膝の内側の痛み

膝の内側が痛む場合は、内側半月板損傷、内側側副靭帯損傷、鵞足(がそく)痛、内側広筋部痛、大腿二頭筋内側部損傷などが挙げられます。特に凹脚の方は痛くなりやすいので気をつけましょう。

膝の外側の痛み

膝の外側が痛む場合は、外側半月板損傷、外側側副靭帯損傷、大腿二頭筋外側部損傷、ランナー膝などが挙げられます。X脚の方は気をつけましょう。

膝前面の痛み

膝前面の痛みは、大腿直筋損傷、オスグッド、十字靭帯損傷などが挙げられます。

膝後面の痛み

膝後面の痛みは、半月板損傷、膝窩筋損傷、十字靭帯損傷などが挙げられます。

膝が痛くなったら?

まずは無理をしないようにして下さい。運動のしすぎで痛みが出ている場合は、一度運動を中止し

痛みが解消されるまでは動かさないようにしましょう。

また、運動不足によって生じる膝の痛みは、運動すると痛みが増す又は動かそうとすると痛みが増すことが多いため、少しずつストレッチや軽い筋トレから始めるようにしましょう。

症状について詳しくはこちら

膝痛改善

関連記事