ぎっくり腰ってどんな症状?

突然襲われるぎっくり腰

ぎっくり腰の症状は、動かなければ痛くないが、少しでも動こうとすると腰に激痛が走るというのが特徴です。

靴下やズボンを履く動作ができなくなったり、前屈や後屈などの動作ができなくなったりするため、トイレでお尻を拭くことや椅子から立ち上がろうとする動作でもかなりの激痛が走ります。

ギックリ腰になったらどうしたらいい?

ぎっくり腰になった時は、まずは安静が第一です。というよりもむしろ動かすことが困難なため、安静にしかしていられないのが普通です。

おおよそ2~3日で痛みはあるものの、なんとか動かせることができるようになってくるため、少しずつできる動作から動かすようにします。少しずつでも動かせることができるようなら動かしているほうが回復は早いです。

ぎっくり腰になる前の状態にはおおよそ2週間程度かかりますが、繰り返さないようにするにはその後の予防のための運動やストレッチなども必要でしょう。

ぎっくり腰になったら?

貝塚駅前にあるスッキリ整骨院は、ぎっくり腰を早期回復に導く専門院です。ギックリ腰を繰り返している方、もうぎっくり腰にはなりたくないという方は是非一度当院までご相談下さい。

貝塚市のスッキリ整骨院は、貝塚市をはじめ、泉佐野市・岸和田市・和泉市・高石市・泉大津市・熊取町・田尻町・泉南市・阪南市・堺市などから多数来院されています。

症状について詳しくはこちら

ぎっくり腰改善